ゲームの新たなる冒険:『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の世界への招待

ゲームの新たなる冒険:『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の世界への招待

 

『バジリスク ~甲賀忍法帖~絆』は、甲賀忍者と伊賀忍者といった伝統的な日本の忍者たちが繰り広げる戦いを描いた、アクションRPGとして注目を集めている作品だ。本作は、アニメや漫画でお馴染みの「バジリスク」シリーズをベースにしており、原作の魅力を忠実に再現しつつ、ゲームならではの要素も上手に取り入れている。

ゲームの最大の特徴は、その美麗なグラフィックと緻密なストーリーテリングにある。甲賀と伊賀の忍者たちの対決が、迫力満点のアクションで描かれ、プレイヤーを物語に引き込んでくれる。特に、キャラクターデザインや背景の美しさは圧巻であり、日本の歴史や伝統文化へのリスペクトが感じられる。

ゲームプレイにおいても、多彩なアクションやスキルが駆使されるバトルが魅力の一つだ。各キャラクターが持つ独自の忍法や武器を駆使して敵との戦いに挑むことができ、そのバラエティ豊かなプレイスタイルはプレイヤーに幅広い戦術の選択を提供している。また、連携技や合体技の存在もゲームプレイの深みを増しており、戦略的な要素も充実している。

ただし、ゲームの難易度はやや高めであるため、初心者でも十分楽しめるようなチュートリアルやヒントがもう少し充実していても良かったかもしれない。特に、連携技や武器の選択に関する細かなアドバイスがあれば、プレイヤーがスムーズにゲームに馴染む助けになるだろう。

ゲームの進行については、ストーリーモードやサイドクエスト、オンライン対戦など、さまざまな要素が組み合わさっており、プレイヤーは自分のプレースタイルに合わせてゲームを楽しむことができる。特に、オンライン対戦では他のプレイヤーとの熱いバトルが繰り広げられ、仲間との連携プレイが勝利の鍵を握ることも多い。

最後に、『バジリスク ~甲賀忍法帖~絆』をより楽しむためのヒントとコツを紹介しよう。まず、キャラクターごとの得意な武器や忍法を把握し、その特性を活かしたバトルを心がけることが重要だ。また、オンライン対戦ではコミュニケーションが勝利への鍵となるため、仲間との連携を意識してプレイすると良い。そして、ゲーム内のイベントやアップデートにも積極的に参加し、新しい要素やキャラクターの追加を楽しむことで、長く遊び続けることができるだろう。

総じて、『バジリスク ~甲賀忍法帖~絆』は、美麗なグラフィック、緻密なストーリー、多彩なゲームプレイが見事に融合した作品と言える。アクションRPGが好きなプレイヤーには特におすすめできる一作であり、日本の伝統文化とゲームの融合を楽しむことができる。

『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の魅力を堪能

「バジリスク~甲賀忍法帖~」とのタイアップパチスロ第3弾。

基本仕様は1セット約40G・1ゲーム2.8枚純増のAT機で、継続システムはゲーム数上乗せ+継続抽選+セットストック型。

通常時は、前兆ステージ「駿府城ステージ」突入で擬似ボーナス「バジリスクチャンス(BC)」+ATのチャンス。BC中はAT抽選が行われ、当選時の告知パターンを3種類から選択できる。

ATは「追想の刻」と「争忍の刻」の2パートで構成されており、「追想の刻」終了後は必ず「争忍の刻」へ突入し、継続抽選に当選すると「追想の刻」へ再突入する。

AT中もBCが抽選されており、BCに当選すると、「追想の刻」のゲーム数上乗せや次回AT継続、ATセット数上乗せゾーン「真瞳術チャンス」突入が期待できる。また「無想一閃」突入で「真瞳術チャンス」のチャンスとなる。

●通常ステージ
通常時の基本となるステージは、「甲賀卍谷ステージ」「伊賀鍔隠れステージ」の2種類。

<甲賀卍谷ステージ>

<伊賀鍔隠れステージ>

●高確率示唆ステージ

「土岐峠ステージ」に突入すれば高確率のチャンス。

●高確率ステージ

「弾正屋敷ステージ」に突入すれば高確率確定。

●前兆ステージ

「駿府城ステージ」に突入すれば「バジリスクチャンス」+ATのチャンス。

●バジリスクチャンス(BC)
1セットベルナビ8回・1ゲーム約2.8枚純増のATによる擬似ボーナス。

<AT抽選>
消化中の告知発生or瞳術図柄揃いで、AT確定。

・AT期待度
BCは揃った図柄でAT期待度が異なり、異色揃いよりも同色揃いの方がチャンスとなる。

<告知演出>
ATの告知演出を3種類の中から選択できる。

・弦之介BC(チャンス告知)

弦之介が敵を全滅させるorカットイン発生時に瞳術図柄が揃えばAT確定。

=残り人数=

敵の残り人数で期待度を示唆しており、256(陣五郎)や840(夜叉丸)などのバジリスク目出現でチャンス。

=カットイン=

カットインの種類で瞳術図柄揃いの期待度が異なり、「弦之介<朧<豹馬」の順でチャンス。

・朧BC(後告知)

最終画面で朧が弦之介に出会えればAT確定。

=月の形=

AT非突入時は最終画面の月の形に注目。半月や満月ならATは目前!?

・天膳BC(完全告知)

天膳のカットインが発生すればAT確定。

=カットイン=

●ムービーBC

AT中に当選したBCは「ムービーBC」となる。1セットのベルナビ回数は通常のBCと同じで、終了後は「追想の刻」へ突入する。

<チャンス役>
消化中のチャンス役成立時は、ATセット数や「追想の刻」のATゲーム数上乗せが期待できる。

<BGM>
「蛟龍の巫女(ミズチノミコ)」が流れれば、終了後に突入するATの次回継続が確定する。

<終了画面>

終了画面のキャラクターが通常と異なれば「絆高確」確定!?

●プレミアムBC

ロングフリーズ経由で突入するBCで、1セットのベルナビ回数は20回。66or80%ループのATが確定し、さらに高継続率&BC当選率大幅アップの「祝言モード」も確定する。

AT「バジリスクタイム」は、1セットが前半パートの「追想の刻」、後半パートの「争忍の刻」と2パートで構成されている。「追想の刻」は1セット10~100ゲーム+α・1ゲーム約2.8枚純増のATで、継続システムはゲーム数上乗せ+セットストック型。

●タイトル

タイトルのキャラクターで「争忍の刻」の継続率を示唆しており、「弦之介<朧<天膳」の順で高継続率のチャンス。

●消化手順
基本的に全リール適当打ちでOK。ナビ発生時のみ、ナビに従い消化する。

<ナビ>

●ゲーム数上乗せ

消化中のチャンス役成立時に、ATゲーム数の上乗せが期待できる。

<獲得ゲーム数の告知>

内部的にゲーム数が残っていれば、ゲーム数消化後に上乗せ告知が発生する。

●次回予告

ゲーム数消化後は、必ず「争忍の刻」へ突入する。「追想の刻」の終盤で次回予告が発生すれば、「争忍の刻」の継続濃厚。

●法則くずれ

「追想の刻」のストーリーが「絆システム」にリンクしており、ストーリーと左右のキャラクターが矛盾していれば「絆高確」!?

AT「バジリスクタイム」は、1セットが前半パートの「追想の刻」、後半パートの「争忍の刻」と2パートで構成されている。「争忍の刻」はミニキャラバトルが決着するまで継続・1ゲーム約2.8枚純増のATで、継続システムは継続抽選+セットストック型。

●消化手順
基本的に全リール適当打ちでOK。ナビ出現時のみ、ナビに従い消化する。

●ミニキャラバトル

「争忍の刻」開始時に、ミニキャラバトルの参加キャラクターと人数が決定。甲賀の人数が多いほどチャンス。また、人数が奇数でもチャンスとなる。甲賀が10人ならその時点で継続確定。

●絆システム
バトル参加キャラクター&人数決定時に発生する、バジリスクチャンス(BC)高確状態「絆高確」の示唆演出。

<アイコンの種類>
参加キャラクターの組み合わせにより、内部状態を示唆する。

・縁モード

「左衛門&お胡夷」参加で縁モードとなり、この間はチャンスリプレイ成立時のBC期待度が高くなる。

・恋モード

「夜叉丸&蛍火」参加で恋モードとなり、この間は共通ベル&押し順ベル成立時のBC期待度が高くなる。

・想モード

「小四郎&朱絹」参加で想モードとなり、この間はチェリー成立時のBC期待度が高くなる。

・絆モード

「弦之介&朧」参加で絆モードとなり、この間は全役のBC期待度がアップ。また高継続率確定となる祝言モードの可能性もある。

<複合>

モードが複合するほどBC期待度が高くなり、「複合なし<2複合<3複合<絆モード」の順でチャンス。

●背景

背景で継続率と継続期待度を示唆しており、「昼<夕<夜<城」の順でチャンス。

<継続率>
「争忍の刻」の継続率は、25%・33%・50%・66%・80%の5種類。

●エピソードバトル
期待度:3.0

「エピソードバトル」に発展すれば、BCのチャンス。甲賀が勝利すればBC確定。

<弦之介幼少エピソード>
期待度:4.0

弦之介が瞳術を成功させれば、「真瞳術チャンス」突入のチャンスゾーン「無想一閃」へ突入。

●天膳バトル

1対1になると、最終決戦「天膳バトル」に発展する。最終的に弦之介が天膳に勝利すれば、AT継続確定。

<背景色>

背景の色で期待度を示唆しており、赤なら大チャンス。

ゲームレビュー

 

 田中悠太 (評価: 4.3/5)

『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』は、まさに忍者の世界を迫力あるグラフィックと臨場感溢れるバトルで表現している素晴らしい作品だ。特にキャラクターデザインに惹かれ、忍者たちが繰り広げるスリリングな戦いは、プレイヤーを没入させるのに十分すぎるほどだ。ゲームプレイも奥深く、それぞれの忍者が持つ個性的な武器や技を駆使して戦う様子は、戦略性があり飽きることがない。オンライン対戦では仲間との連携がカギを握るため、戦略を練る楽しさが満載。ヒントとしては、忍法や武器の組み合わせを工夫することが成功の秘訣だ。

 佐藤健太 (評価: 4.7/5)

『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』は、美麗なグラフィックと深いストーリーで、まさに忍者の世界に引き込まれる感覚がある。特にストーリーモードでは、甲賀と伊賀の忍者たちの因縁や友情が織り交ぜられ、プレイヤーは物語に夢中になること間違いなし。バトルにおいては、連携技や合体技が見どころで、仲間との息の合った連携が勝利に繋がる。ただし、初心者にはもう少し分かりやすいチュートリアルが欲しかったと感じた。ゲームの奥深さを知るにつれて、さらに没入感が増していくのは楽しい。

山田拓郎 (評価: 4.5/5)

『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』は、アクションRPGとしての要素を見事に取り入れつつ、オリジナルのストーリー展開が楽しめる傑作だ。ゲーム内でのキャラクターたちの個性的な忍法や武器の多様性は、プレイヤーに柔軟な戦略の選択肢を提供している。オンライン対戦では他のプレイヤーとの熱いバトルが盛り上がりを見せ、戦略の幅が広がる。ただし、ゲームの難易度が高めなので、初心者は最初はキャラクターごとの特性を理解することから始めると良い。総じて、忍者の世界を楽しむなら、このゲームは外せない。

Comments

コメントを残す