『CR蒼天の拳天帰』復刻の感動

『CR蒼天の拳天帰』復刻の感動

『CR蒼天の拳天帰』は、古き良きアーケードゲームの面影を残しつつ、新たなエクスペリエンスを提供する期待の一作だ。本作は、北斗の拳シリーズのスロットゲームとして登場し、原作ファンにとっては懐かしさと新しさを同時に味わえる一本となっている。

まず、このゲームの本来の意図に焦点を当てると、開発陣は原作の雰囲気やキャラクターの魅力を忠実に再現することを心がけている。グラフィックスは高品質で、キャラクターモデルや演出にこだわりを感じる。音楽も原作のテーマ性にマッチし、プレイヤーを物語の世界に引き込んでくれる。これにより、ファンはまさに『蒼天の拳』の世界に没頭できるだろう。

ゲームの特徴として挙げられるのは、シンプルながら奥深いゲームプレイだ。スロットマシンを回しつつ、物語の進行に合わせてさまざまなボーナスや特殊な演出が発生する。これにより、プレイヤーは運だけでなく、タイミングや戦略も考慮しながら楽しむことができる。また、様々なモードやミニゲームが用意されており、単調に感じることなく、長時間プレイしても飽きることがない。

ゲームプレイにおいては、キャラクターたちが織りなすドラマがスロットのリール上で展開されるため、単なるギャンブルゲーム以上の没入感を味わえる。北斗の拳シリーズのファンであれば、キャラクターたちの名台詞や必殺技が炸裂する瞬間に胸が熱くなることだろう。

ヒントとコツとしては、まず初心者におすすめなのは、ゲーム内のチュートリアルをしっかりとこなすことだ。基本的な操作やルールを把握することで、より効果的にゲームを進めることができる。また、特定のキャラクターやアイテムに注目することで、ボーナスの発生率が上がることがあるため、戦略的なプレイが求められる。

総括すると、『CR蒼天の拳天帰』は、古き良きアーケードの面白さと、新しいゲームの要素を絶妙に融合させた作品となっている。原作ファンにとっては感慨深い体験となることだろう。ただし、ギャンブル要素が絡むため、あくまで娯楽として楽しむことが大切だ。北斗の拳の世界に浸りながら、運と戦略を巧みに操って、興奮と期待に満ちたプレイを楽しんでほしい。

ぱちんこCR蒼天の拳天帰

ぱちんこCR蒼天の拳天帰の筐体画像
ぱちんこCR蒼天の拳天帰のロゴ
型式名
CR蒼天の拳天帰FWG
メーカー名 サミー
サミーの掲載機種一覧
大当り確率 1/319.7(通常時) 1/32.0(高確率時)
ラウンド数 4or6or16R×9カウント
確変突入率 62%/33回転まで(ヘソ) 100%/33回転まで(電チュー)
賞球数 4(ヘソ)&1&3&14
大当り出玉 約500or750or2010個 ※出玉は払い出し数値です
電サポ回転数 100回転
導入開始日 2016/08/01(月)
機種概要 シリーズ4作目となる「ぱちんこ蒼天の拳」が遂に登場!
確変突入率はヘソで62%、電チューなら100%のST33回転。ST後は必ず時短67回転が付いてきて、電サポの合計は100回転となっているのだ。
演出ではお馴染みの「文句予告」やド派手なギミックに注目だ!

演出・解析情報

icon

ボーダー情報

ボーダー

ボーダー

●4.0円(25個)※250個あたり
19.7回転

●1.0円(100個)※200個あたり
15.7回転

※高確ベース90%、通常時10万回転から算出

初当り1回あたりの期待出玉

初当り1回あたりの期待出玉

4,102玉

※高確ベース90%、通常時10万回転から算出

icon

演出情報

通常時

基本解説

K.O.V(ノックアウトビジョン)

蒼龍天羅ギミック

■画面前で合体して発動すれば大当り間近のキメギミック!?

役モノ

実際に液晶が動くK.O.Visionの発生は信頼度大幅アップの合図となる。スーパー発展時などに作動する役モノにも注目だ。

大チャンス演出

通常時・4大演出

通常時に発生すれば信頼度が急騰するのが上記の4大演出。また、バトル系の他に狼・ヤサカ・蒼龍乱舞・弱敵・ヒロイン・ロングなどの各種スーパーリーチが存在するようだ。

通常時・キリン柄

文句予告

連続予告の強パターンとして発生し、拳志郎の名台詞が拝めるこの予告は、4大演出に数えられる激アツアクション。台詞の種類は複数存在する。

予告

先読み予告

多彩な先読み予告の中でも注目したいのは、発生時のステージで信頼度が変化する宿敵ゾーン。劉宗武のステージなら大チャンスとなる。その他、4図柄停止がチャンスゾーン突入契機となる美福図柄先読みなどにも期待だ。

連続予告

文句予告以外にも様々なチャンスアップが存在する連続予告。図柄乱舞や拳志郎が悪人どもをブッ飛ばす悪倒RUSHなど、注目演出は多い。

エピソード予告

劉宗武を筆頭とする拳志郎の宿敵たちのエピソードが、美しい原画と併せて展開される連続予告。継続するほどストーリーが進展し、3連目のEPISODE3に突入すればビッグチャンス到来となる。連続回数はもちろんのこと、タイトルからエピソード中に至るまで随所にチャンスアップが用意されており、最終的には対応したスーパーに発展する。

キリン柄

本機に限らずサミーを象徴する激アツ柄は、もちろん4大演出の一角を成している。随所で出現し、予告に限らずリーチ中にも拝むことができるのだ。

リーチ

通常時・バトル系リーチ

vs劉宗武は別格の信頼度で、その他のバトルリーチに関してはタイトル色や、最終ドライブギアのチャンスアップ発生に期待。

ヤサカリーチ

ヤサカ予告から発展する独立系統のリーチ。バトル系と同様に、天帰演出の発生で一気に激アツとなる!

天帰演出

バトル系およびヤサカリーチの後半に拳志郎が煙草をふかせば、「天帰」の文字とともに画面全体が金色に包まれる4大演出「天帰演出」が発生。リーチ信頼度が大幅に上昇し、VS劉宗武での天帰演出発生時はこの上なく激アツとなる。

ユーザーコメント

レビュアー:田中悠斗(評価:4.2)

田中悠斗さんは、『CR蒼天の拳天帰』について高評価を与えました。彼は特にゲームプレイのルールに関して触れ、「シンプルながらも奥深い仕組みが、プレイヤーを引き込む魅力がある」とコメント。また、北斗の拳のキャラクターたちが織りなす物語に感動し、「原作へのリスペクトを感じながら、新たな展開を楽しむことができた」と述べています。

レビュアー:佐藤健太(評価:4.5)

佐藤健太さんは、『CR蒼天の拳天帰』について非常に高い評価を与えました。彼はゲーム戦略に焦点を当て、「特定のキャラクターに注目することで、高いボーナスが期待できるため、戦略的なプレイが楽しい」とコメント。さらに、ミニゲームや様々なモードが飽きさせない要素となっており、「長時間プレイしても飽きない魅力がある」と評価しました。

レビュアー:山口雄一(評価:3.8)

山口雄一さんは、『CR蒼天の拳天帰』について中程度の評価を与えました。彼はゲームの特徴に触れ、「グラフィックスや音楽は素晴らしいが、もう少し新しい要素が欲しかった」とコメント。ゲームプレイに関しては、「一部のプレイヤーには難易度が高いかもしれない」と述べつつも、「北斗の拳のファンなら楽しめる作品」と総括しました。

Comments

コメントを残す